子供たちと 〜 ウルグアイ

南米ウルグアイでのコンサートツアーの時のことです。
コンサートの翌日に、町の学校を訪問しました。

ピアノがないので、小さな持ち運び用の鍵盤を囲んで演奏しました。子供たちから
「昨日の曲を弾いて!」や、ウルグアイの民謡らしき楽譜を次から次へと持ってきて
「弾いて弾いて!」とリクエストされながら楽しいときを過ごしました。
鍵盤が足りない所は手だけはみ出して弾き、歌いながらその音を補いました。

ふと周りを見ると、みんな涙を浮かべて聴いていました。そして、帰りは門の所まで
「まだ聴きたいよ。まだ帰らないで!」と子どもたちがかけ寄ってきて
私は、日本から遠いこの国で音楽を通しての出会いと感動に感謝しました。

Filed under: ピアノのこと — junko 15:19